「Qubenaで授業がどう変わったか?」学校関係者に向けたセミナーを開催 〜導入校教員からアダプティブラーニング教材の活用方法を学ぶ〜

Press Release

2019年4月16日
株式会社COMPASS

AI (人工知能)型タブレット教材「Qubena (キュビナ)」を開発する株式会社COMPASS
「Qubenaで授業がどう変わったか?」学校関係者に向けたセミナーを開催
〜導入校教員からアダプティブラーニング教材の活用方法を学ぶ〜

 

株式会社COMPASS(本社:東京都品川区、CEO 神野 元基)は、学校関係者に向けたセミナー「Qubenaで授業がどう変わったか?」を5月25日(土)にCOMPASS五反田本社にて開催いたします。

本セミナーでは、実際に算数・数学の授業でQubenaを活用頂いている導入校の先生をパネリストにお招きし、AIを活用した個別最適化学習(アダプティブラーニング)を導入することで学校の授業にどのような変化が起こったのか、これからの授業はどうあるべきか、ICT教材の真の価値についてお話し頂きます。

<セミナー概要>
「Qubenaで授業がどう変わったか?」導入校が語る授業変革

1. COMPASS代表挨拶(15:00〜)
2. パネリストによるトークセッション(15:30〜)
3. 交流会(17:30〜2h程度を予定)

・開催日時:2019年5月25日(土)15:00~17:00(開場14:30〜)
 ※セミナー終了後 交流会を開催
・会  場:株式会社COMPASS 五反田本社(東京都品川区西五反田3−6−21住友不動産西五反田ビル1階)
・定  員:50名
 ※1団体2名様までのご参加となります。
 ※オンラインでのご参加も可能です。オンラインの場合、人数制限はございません。 オンラインでの参加方法はお申込後にご連絡させて頂きます。
・申込締切:2019年5月10日(水)5月21日(火)※申込期間を延長しました。
・申込方法:以下URLのお申込フォームよりお申し込みください。
 https://goo.gl/forms/38mZsyhhhvqCpiqP2
・参 加 費:無料 
 ※交流会にご参加の場合は3,000円(税込)
  当日現金にてお支払いをお願いします。
・イベントに関するお問い合わせ:sales@compass-e.com

<登壇者>
セミナーコーディネータ
・大妻中学高等学校 ICTコーディネーター 加藤悦雄教諭
現大妻女子大学・大妻中学高等学校ICTコーディネータ。埼玉、京都、北海道の小学校で教鞭を取る傍ら、学校教育のICT化を推進。文科省、総務省の実証事業で研究員として参画、ベネッセ等多くの企業とICT教材について共同研究を行うなど豊富な知見を有する。

パネリスト
・さとえ学園小学校 須田智之教諭
東京学芸大学 初等教育教員養成課程で数学を専修後、さとえ学園小学校で教鞭を取って12年目となる。2018年7月よりiPad全校導入と同時にQubenaを小学校1年生~3年生の家庭学習で活用している。

・近畿大学附属中学校 増田憲昭教諭
教育改革推進室主任。2014年よりICT教育推進室主任として生徒全員へのiPad導入を手掛け、授業をはじめ、スケジュールや宿題の管理をしたりと、iPadを学校生活全般において活用している。2019年4月よりQubenaを中学1年~3年生約850人に導入。

・三田国際学園中学校高等学校 菅原慎太教諭
数学科主任・学習進路指導部・中学3学年主任。2019年度アップルの新規ADEに認定。2018年度冬から中学2年生にQubenaを試験導入し、2019年度より中学1、2年生に正式導入している。

Qubenaについて>
AIによるアダプティブラーニングで圧倒的な学習効率を実現
AI(人工知能)を搭載した「Qubena」は、圧倒的な学習効果で子どもたちの「未来を生き抜く力」を育てる学習パートナーです。
生徒一人ひとりの学習中の操作ログや計算過程、回答データを分析することで、つまずく原因となっているポイントを特定し、その生徒が解くべき問題へと自動的に誘導し、効果的で効率的な学習を実現します。
小学校算数・中学校数学・高校数学IAⅡBに対応しており、自社が運営する学習塾では、中学校数学の1学年分の学習範囲を平均28時間で修了します。2018年度は経済産業省「未来の教室」実証事業に採択、さらに、日本e-learning大賞 経済産業大臣賞や、グッドデザイン賞を受賞しています。

<株式会社COMPASSについて> URLhttps://qubena.com/
AI(人工知能)型タブレット教材「Qubena」や、オンライン家庭教師サービス「Qubena Wiz(キュビナウィズ)」を開発、ユーザー数は2万3千人にのぼります。
また「Qubena」のベースとなるエンジンであり、あらゆる学習教材に適用が可能な教育に特化した人工知能型エンジン「COMPASS ENGINE(コンパスエンジン)」を提供しています。
2019年4月には河合塾と共同開発をしたAI型英語4技能教材をリリースしています。

2045年、人工知能が人間の脳を超える「シンギュラリティ(技術的特異点)」が訪れ、現存するほとんどの職業がその名と形を変えると言われています。COMPASSでは、「未来の君に会いにいく」を創業時からのスローガンに、子どもたちが生きる未来を一緒に考え、未来を生き抜く力を育てることを教育理念として活動しています。

前の記事へ
『週刊東洋経済』(4/13号)にQubenaとCEO神野のインタビュー...
次の記事へ
『日本経済新聞電子版』(4月18日)にQubenaが掲載されました