丸の内キッズジャンボリー2018に出展ドローンやARを使った「参加型STEAM教育ワークショップ」と「AIタブレット教材Qubena(キュビナ)体験コーナー」を提供

丸の内キッズジャンボリー
2018年7月19日
株式会社COMPASS
株式会社COMPASS(本社:東京都品川区、CEO 神野 元基)はこのたび、同社が提供する人工知能型タブレット教材「Qubena(キュビナ)」とSTEAMワークショップ教室を、8月14日(火)〜16日(木)に東京国際フォーラムで開催される「丸の内キッズジャンボリー2018」に出展することとなりましたのでご報告いたします。
 
丸の内キッズジャンボリーは前年のべ11万人を動員する親子向けの人気イベントで、子どもの好奇心をくすぐるような体験型の企画を中心に様々な企業が出展します。
今回COMPASSでは、「ロビーギャラリー」に100平米のワークショップスペースを構え、小学校低学年を対象に「ドローン」と「AR(拡張現実)」を使ったSTEAM教育ワークショップを開催いたします。
ドローンを操縦したり、AR(拡張現実)で実際にはないものを見たりと、楽しい遊びの体験を通して、子どもたちに先端テクノロジーを学んでもらうことで、未来を想像し未来を生き抜く力を身につける将来への一歩を作ります。
ドローン体験

ドローンを実際に飛ばせます!

また、同ブースではAI(人工知能)型タブレット教材に実際に触れ、その使用感やわかりやすさ、楽しさを知ることができる「Qubena体験コーナー」を併設、キッズステージでは「Qubenaを使った模擬授業体験」なども実施いたします。 

<丸の内キッズジャンボリー2018 / COMPASS 出展概要>

公式サイト:https://www.tif-kids.jp/2018/
◆料金:入場無料
◆日時:8月14日(火)〜16日(木)10:00〜17:00
◆場所:東京国際フォーラム ロビーギャラリー
・わくわくブース
「ドローンやARで未来の遊びを体験しよう!」※要事前予約
(受付期間:7月10日(火)10:00 ~ 7月23日(月) 17:00)
「Qubena体験コーナー」 ※自由入場可
・キッズステージ
「超倍速!AI教材を使った算数の模擬授業」
※14日、15日の2日間のみ 各日15:30~16:00、自由入場可 

<Qubenaについて>

AIによるアダプティブラーニングで圧倒的な学習効率を実現
AI(人工知能)を搭載した「Qubena」は、圧倒的な学習効果で子どもたちの「未来を生き抜く力」を育てる学習パートナーです。
生徒ひとりひとりの学習中の操作ログや計算過程、回答データを分析することで、つまずく原因となっているポイントを特定し、その生徒が解くべき問題へと自動的に誘導し、効果的で効率的な学習を実現します。自社が運営する学習塾では、中学校数学の1学年分の学習範囲を平均32時間で修了。
これは従来の学校教育の7倍の速度に匹敵します。

<株式会社COMPASSについて> 

URL:https://qubena.com/
AI(人工知能)型タブレット教材「Qubena」や、オンライン家庭教師サービス「Qubena Wiz(キュビナウィズ)」を開発。未来型学習教室「Qubena Academy(キュビナアカデミー)」、FC教室「Qubena Room(キュビナルーム)」を運営、ユーザー数は1万7千人にのぼります。
また「Qubena」のベースとなるエンジンであり、あらゆる学習教材に適用が可能な教育に特化した人工知能型エンジン「COMPASS ENGINE(コンパスエンジン)」を提供しています。

2045年、人工知能が人間の脳を超える「シンギュラリティ(技術的特異点)」が訪れ、現存するほとんどの職業がその名と形を変えると言われています。COMPASSでは、「未来の君に会いにいく」を創業時からのスローガンに、子どもたちが生きる未来を一緒に考え、未来を生き抜く力を育てることを教育理念として活動しています。

所在地:東京都品川区上大崎3-14-1 中丸ハウスB棟
代表者名:CEO 神野 元基(じんの げんき)

前の記事へ
教育格差解消に取り組むNPO法人に無償提供するプログラムを開始 経済的...
次の記事へ
『週刊東洋経済2018年7/14号』に掲載 "すごいベンチャー100"...