[hugkum連載vol.2]小学館の育児情報メディア『hugkum』での連載第2回が公開されました

hugkumの連載第2回のイメージ

小学館が運営する 乳幼児~小学生ママ・パパのための 育児情報メディア『hugkum(ハグクム)』において、COMPASS CEOの神野による ”僕が「AI先生キュビナ」を作ったわけ【神野元基の「未来を生き抜く力の育み方」】”の記事連載が先月よりはじまりました。

連載第2回の記事が公開されましたので、是非ご覧ください。
未来の教育はどうあるべき?子どもにもPDCAを!【神野元基の「未来を生き抜く力の育み方」Vol.2】

未来の教育はどうあるべき?子どもにもPDCAを!【神野元基の「未来を生き抜く力の育み方」Vol.2】

第2回では、現在の子どもたちが大人になった時に、社会から必要とされる人間になるために今必要なことをお話しています。

これは、COMPASSが子どもたちの「未来を生き抜く力」を育てることを目的に提供している教育「未来教育」のベースとなっている考え方です。


千代田区立麹町中学校で行われている「未来教育」

経済産業省が行う「未来の教室」実証事業において、COMPASSが採択事業者として採択され、記事でもお話している「未来教育」を現在東京都千代田区立麹町中学校の数学の授業時間で提供しています。

子どもたちに学校で習った数学が社会でどのように役立っているかを実践的に学習してもらい、さらに数学とテクノロジーを組み合わせることで社会課題をどのように解決できるかについて考えるきっかけを提供しています。

「未来の教室」実証事業についての詳細はこちらの記事をご覧ください。
経済産業省の「未来の教室」実証事業に採択 授業にアダプティブラーニングとSTEAM教育導入、習熟と実践の学習サイクル確立へ

連載第3回では麹町中学校の校長先生にインタビューを行います。お楽しみに!


前の記事へ
佐藤昌宏氏著『EdTechが変える教育の未来』にAIをつかったEdTe...
次の記事へ
早稲田大学 産業経営研究所で講義を行いました