ホーム 『日本経済新聞』1面(10月11日)にCOMPASSが掲載されました

『日本経済新聞』1面(10月11日)にCOMPASSが掲載されました

経済産業省の実証事業「未来の教室」における麹町中学校でのCOMPASSの取り組みが、10月11日(木)発刊の『日本経済新聞』の1面に掲載されました。

この記事は『日経電子版』でもご覧いただけます。

『日経電子版』人材強国への道(2) 「未来の教室」待ったなし答えは教科書の外にhttps://r.nikkei.com/article/DGKKZO36311330Q8A011C1MM8000?s=3

Qubenaを導入している千代田区立麹町中学校では、AIを駆使した教材で効率的に知識を覚え、余った時間を使って自主性や創造性を育む活動に取り組んでいます

 


ご家庭でもAI型教材Qubenaで学習ができます

麹町中学校の授業で使用している教材は学校向けの製品ですが、COMPASSではご家庭向けの学習サービスとしてQubena Wiz Liteを提供しております。

Qubena Wiz Liteはご家庭でより手軽にAI搭載のアダプティブラーニングで学習ができるアプリとして、2018年7月にリリース。小学校1年生から中学校3年生までの全ての学年の算数・数学が学習できます。

1つのアプリで一般的な教科書の単元をカバーしており、すべて手書きで解答。コンパスや定規の機能も搭載し、一般的なe-learningでは実現が難しかった作図問題にも対応しています。

ご自宅のipad端末にAppStoreよりアプリをダウンロードしてご利用可能です。詳細は以下よりご確認ください。

Qubena Wiz Lite(キュビナウィズライト)
QubenaWizLiteバナー 


前の記事へ
[design blog vol.2]コミュニケーションロスを減らした...
次の記事へ
[hugkum連載vol.1]小学館が運営する育児情報メディア『hug...