ホーム [hugkum連載vol.1]小学館が運営する育児情報メディア『hugkum』での連載が開始されました

[hugkum連載vol.1]小学館が運営する育児情報メディア『hugkum』での連載が開始されました

このたび、小学館が運営する 乳幼児~小学生ママ・パパのための 育児情報メディア『hugkum(ハグクム)』において、COMPASS代表の神野による ”僕が「AI先生キュビナ」を作ったわけ【神野元基の「未来を生き抜く力の育み方」】”の記事連載が開始されました。

連載第1回が本日公開されましたので、是非ご覧ください。

僕が「AI先生キュビナ」を作ったわけ【神野元基の「未来を生き抜く力の育み方」vol.1】

僕が「AI先生キュビナ」を作ったわけ【神野元基の「未来を生き抜く力の育み方」vol.1】

今後この連載を通して、COMPASSの考える「未来を生き抜く力の育み方」と「学校教育のあり方」について伝えていく予定です。


AI型先生キュビナとは?

連載タイトルにもなっているAI先生キュビナ(Qubena)はAIを搭載したタブレット教材で、お子さん一人ひとりに最適な学習をAI先生が教えてくれます。

Qubenaシリーズの中でもQubena Wiz Liteはご家庭でより手軽にAI搭載のアダプティブラーニングで学習ができるアプリです。小学校1年生から中学校3年生までの全ての学年の算数・数学が学習できます。

1つのアプリで一般的な教科書の単元をカバーしており、すべて手書きで解答。コンパスや定規の機能も搭載し、一般的なe-learningでは実現が難しかった作図問題にも対応しています。

ご自宅のipad端末にAppStoreよりアプリをダウンロードしてご利用可能です。詳細は以下よりご確認ください。

Qubena Wiz Lite(キュビナウィズライト)
QubenaWizLiteバナー 

前の記事へ
『日本経済新聞』1面(10月11日)にCOMPASSが掲載されました
次の記事へ
『第15回日本e-Learning大賞 経済産業大臣賞』を受賞しました