ホーム 小学館が運営する「HugKum」にSTEAM教育ワークショップの様子が掲載されました

小学館が運営する「HugKum」にSTEAM教育ワークショップの様子が掲載されました

小学館が運営する乳幼児~小学生パパ・ママのための情報サイト「HugKum」にCOMPASSが運営するQubenaAcademyのワークショップの様子を取材した記事が掲載されました。

取材記事はこちらからお読み頂けます。

「小学生の子供の夏休みに【プログラミング】体験はいかが? 遊びと教育を兼ねた教室に参加してきました!」

COMPASSでは人工知能教材Qubenaの提供の他に、子どもたちの”未来を生き抜く力”を養うためのSTEAM教育ワークショップを実施しています。

STEAM教育ワークショップでは、毎回様々なテーマで、子どもたちが、テクノロジーを使い、自分たちで考え、実行してもらうような内容を提供していますが、今回は「IoTで便利グッズを発明しよう!」というテーマで、プログラミングと、センサーなどのパーツを使って子どもたちに自由な発想で発明をしてもらいました!

子どもたちが楽しそうにプログラミングを使ってものづくりにチャレンジする姿を記載して頂いています!是非お読みください。

「小学生の子供の夏休みに【プログラミング】体験はいかが? 遊びと教育を兼ねた教室に参加してきました!」
https://sho.jp/topic/11055

前の記事へ
キッズジャンボリーにSTEAM教育体験ブースを出展「塾と教育」に掲載さ...
次の記事へ
Qubenaアカデミー目黒校 夏期講習のお知らせ