DJIの新製品 教育用ロボットRoboMaster S1のローンチイベントに登壇、ロボットプログラミング教育カリキュラムを公開しました

DJIからこの度発売された教育用ロボットの新製品 「RoboMaster S1」のメディア向けイベント、「DJI JAPAN 株式会社 教育用ロボット説明・体験会」が6月26日に開催されました。

ゲストスピーカーとしてCOMPASSの未来教育部 部長の木川が登壇し、開発したRoboMaster S1のロボットプログラミング教育カリキュラムを先行して発表いたしました。

DJI RoboMasterS1ローンチイベント

DJIの新製品「RoboMasterS1」の教育カリキュラムを発表しました

イベントでは、カリキュラムの一部を実際に記者のみなさまに体験していただきました。

RoboMasterS1を使ったロボットプログラミングの教育カリキュラムを実際に体験いただく様子

「RoboMaster S1」の ロボットプログラミング教育カリキュラム

今回発表しましたロボットプログラミング教育カリキュラムの一部をご紹介いたします。(COMPASSの運営するQubenaAcademyに通う生徒小学生・中学生・高校生に実際にカリキュラムを体験してもらいました。)

カリキュラムでは課題をクリアするためにScratchを使ってプログラムしていきます。

RoboMasterは「PID制御」という工学系の大学で習うような本格的な制御が採用されているのですが、そのような制御の方法にも触れてもらいつつ、ロボットのもつ機能と役割を学び、それを使ってどのようなプログラムが組み、どのような動作をさせることができるかを子どもたちに考えてもらいました。

線に沿って走行し、目の前に障害物を認識したら停止するプログラム

前を走行するRoboMasterを追尾して走行するプログラム

みんなついつい時間を忘れてプログラミングに夢中になっていました。課題がクリアできても、より綺麗に走行させるために、細かく微調整したりと、かなりこだわってプログラムを考えていました。

COMPASSでは中高生を主な対象に「RoboMaster S1」の ロボットプログラミング教育カリキュラムを開発し、今夏提供を予定しております。

関連プレスリリース
株式会社COMPASS、DJIの新製品 教育用ロボット「RoboMaster S1」の ロボットプログラミング教育カリキュラムを開発、今夏提供へ DJI JAPANの新製品ローンチイベントにて教育カリキュラムを先行公開
https://qubena.com/blog/pr-20190613/

 

前の記事へ
中央教育審議会 初等中等教育分科会「新しい時代の初等中等教育の在り方」...
次の記事へ
Qubena(キュビナ) 地方自治体で初の正式採用 島根県海士町の全町...