経済産業省「未来の教室」プラットフォームキックオフイベントに採択事業社として参加しました

7月26日(水)東京・霞が関 経済産業省にて「未来の教育」プラットフォームキックオフイベントが開催され、COMPASSは経済産業省「未来の教室」実証事業採択事業者としてお招き頂き、参加して参りました。

経済産業省「未来の教室」実証事業 採択事業社として参加してきました

未来の教室実証事業採択事業社集合写真

採択事業者の集合写真(COMPASSは下から2段、左から3番目)

今回COMPASSは「未来の教室」実証事業のうち、「就学前/初等/中等教育を対象とし、目指すべき未来の教室を実現するためのサービス/プログラムの実証を行うことを目的とした実証事業」にて、採択されました。

東京都千代田区立麹町中学校を舞台に、
①アダプティブラーニングによる学習の効率的な習熟(Qubenaの導入)
②STEAM教育を通した基礎学習の実践的な活用
の2つを教科学習の時間で行い、「習熟」と「実践」の学習サイクルがもたらす学習効果の実証を行ってまいります。

未来の教室実証事業採択事業社の紹介

BCGが採択事業を紹介(COMPASSは左から3番目)

経済産業省 教育産業室長の浅野氏と採択事業者を中心に「未来の教室」についてのパネルディスカッションも3部に渡って開催され、大変内容の濃いキックオフイベントでした。

弊社代表の神野も第3部のパネルディスカッションに登壇させて頂きました。

パネルディスカッションの様子

パネルディスカッションの様子(COMPASS代表は左奥)

パネルディスカッションの様子

パネルディスカッションの様子 COMPASS代表の神野(左)

「未来の教室」キックオフイベントの様子は動画でご覧頂けます!

キックオフイベントは全てFacebookでLive配信され、録画された動画をご覧いただけます。

・動画の11分あたりよりCOMPASSが今回採択された「就学前/初等/中等教育を対象とし、目指すべき未来の教室を実現するためのサービス/プログラムの実証を行うことを目的とした実証事業」についての説明と採択事業者の紹介

・動画の2時間30分あたりからは、代表の神野が登壇するパネルディスカッション「未来の教室を科学する*」をご覧頂けます。
*当初第1部の「学習者中心の「未来の教室」の形」に登壇予定でしたが、急遽予定を変更となり第3部への参加となっております。

前の記事へ
経済産業省の「未来の教室」実証事業に採択 授業にアダプティブラーニング...
次の記事へ
「経済産業省 こどもデー」に出展 AI(人工知能)型タブレット教材Q...